企画展・イベント | KOBEとんぼ玉ミュージアム

企画展・イベント

ホーム > 企画展・イベント

2021年7月10日(土)より開催

開催中の企画展
タイトル 『硝子の昆虫観察』
日時

2021年7月10日(土) ~ 2021年10月5日(火)

主旨・内容

夏休みをはさんでのこの時期に、水族館・動物園と続く企画展示の第3弾は「硝子の昆虫観察」です。 ガラスを使っての植物や昆虫などの標本の歴史は古く、19世紀から20世紀にかけて、ボヘミアのガラス工芸家ブラシュカ父子により膨大な数に及ぶ作品が制作され、 ハーバード大学自然史博物館やアメリカ自然史博物館に展示されています。 まるで本物、いやそれ以上に昆虫の姿が生き生きと表現されているスカルプチャー(ガラス細工)をはじめ、昆虫からインスピレーションを得て制作されたユニークな作品の数々をお楽しみください。

出展作家 上村秀也、齋藤直、清藤智子、谷口知恵子、つのだ ゆき、土居陽子、皆川禎子、RINVERRE、Emanuel Toffolo 
入館料 大人400円、小中学生200円
開催時間 10:00〜19:00(最終入館18:45)

イベント案内

現在開催中のイベントはありません。

今後の企画展・イベント情報

ミュージアムショップ『ありがとうタンタン』コーナー特設

ミュージアムショップ『ありがとうタンタン』コーナー特設
期間:~タンタン帰国まで
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」へのこれまでの感謝をこめて、パンダモチーフの作品コーナーを特設。

※ 日時・内容につきましては、変更になる場合がございます。最新情報につきましては、HPまたはお電話にてご確認ください。

撮影について

撮影について

企画展アーカイブ

過去に開催した企画展やイベントをご案内いたします。詳細ページには作品アルバムもございます。WEB上でも優れた作品をご覧いただけます。

2021

2020

2019

さらに過去の企画展 >>

イベントアーカイブ

『1.17希望の灯り とんぼ玉の制作体験』

『1.17希望の灯り とんぼ玉の制作体験』
日時:2021年1月9日(土)分灯開始後~1月31日(日)
東遊園地で震災犠牲者鎮魂のシンボルとして灯り続ける「1.17希望の灯り」。この分灯を用いてとんぼ玉の制作体験。制作体験を通して、灯りに託された意味を紹介するとともに鎮魂と再生への思いを伝えました。※とんぼ玉1個につき100円を阪神淡路大震災「1.17希望の灯り」(HANDS)へ寄付。

『麻の葉模様のとんぼ玉』デモンストレーションとワークショップ2019年2月1日(金)10:30~16:30 昼休憩1時間

『麻の葉模様のとんぼ玉』デモンストレーションとワークショップ2019年2月1日(金)10:30~16:30 昼休憩1時間
日時:2019年2月1日(金)10:30~16:30 昼休憩1時間
竹内大祐さんを講師に迎えて開催。精緻なモザイクパーツを使用したとんぼ玉で知られる竹内さんの テクニックを間近で見て、指導も受け、技術の向上とランプワーカーとの交流を目的としたデモンストレーション&ワークショップ。

さらに過去のイベント >>

ビーズアートショー
素材博覧会
LAMMAGA Bead Art
ひょうごツーリズムガイド
KOBEとんぼ玉ミュージアム WEBSHOP ャパン・ランプワーク・ソサエティ WEBSHOP Bead Art Kobe WEBSHOP